しゃぼんだまんま

普通の主婦の節約術、株、子育てなど日々の出来事を綴ったブログ

第35回 個人向けマネックス債 夏祭り 年利「0.1~0.8%」が面白い!

2017/09/04追記
8/25~31まで東京の真夏日が6日間あったので、今回のマネックス債の年利は「0.7%」に決定しましたー!

 

2017/08/09追記
本日(8/9)9時より販売開始となりましたマネックス債ですが、10時頃、とりあえず少しだけど購入、夏祭りに参加です!普段なら真夏日は憂鬱だけど、今回は真夏日の日数で債券の年利が決まるから、真夏日だとヤッターって気分かな!今日は台風も過ぎて真夏日どころじゃないくらい暑いけど。真夏日の観測する8月25日からの6日間だけ真夏日でいいや。

2017/8/9よりマネックスから、マネックスグループ会社の社債マネックス債の販売が開始されます。期間は1年間で、年利「0.1~0.8%」となっている理由ですが、ちょっと面白いんですよね。東京の真夏日の日数により利率が変動するんです。観測期間は8/25~31の7日間で、真夏日があるたびに、+0.1%上乗せになります。真夏日が1日もないと最悪0.1%なので、イオン銀行普通預金(イオンセレクトカードだと年利0.12%)より劣ってしまいますが、連日、真夏日だと、0.8%の高金利です。連日とは言いませんが、3日あれば0.4%です。このくらいあるといいなという気分で申し込もうと思います。申し込んだ後に金利が決まるので、ちょっとギャンブル要素もあるけど、ギャンブルと違って、最低0.1%の年利は付くわけですし、なんか、面白い企画なので、今のところ、申し込もうと思います。それに、前回のマネックス債も5月に償還を迎えて、この資金をどうすることやらと思っていたところに、このマネックス債の販売のお知らせがあったので、もう、申し込むしかないかなって感じです。

以下、マネックス債の概要です。

社債概要

  • 商品名:マネックスグループ株式会社 2018年8月16日満期
    気温参照型クーポン付 円建社債
    (愛称:第35回個人向けマネックス債 夏祭り)
  • 発行体:マネックスグループ株式会社
  • 期間:1年
  • 格付:BBB(日本格付研究所)
  • 年利率(税引前):0.10%+0.10% ×(観測期間中の観測地点における真夏日の日数)
    観測期間)2017年8月25~31日までの計7日間
    観測地点)気象庁が公表する「東京都 東京」
    真夏日気象庁が公表する最高気温が摂氏30度以上の日
  • 利払日:2018年8月16日(償還日のみ)
  • 償還日:2018年8月16日
  • 申込単位:1万円単位
  • 売出期間:2017年8月9日(水)9時~2017年8月15日(月)14時まで

申し込みできるのはマネックス証券のみ!

この債券はマネックス証券でしか購入することができません。マネックス債は不定期で販売し、募集期間も短いので、発売を知ってから、マネックス証券の口座を開設したのでは間に合いません。マネックス債を購入したい場合は、あらかじめ、マネックス証券の口座を開設しておくと良いでしょう。

過去の気象データを調べてみた、観測期間の8/25~31の東京の真夏日は何日ぐらい?

気象庁が発表している過去10年間の8/25~31の東京の真夏日「30度」以上が何日あるか調べてみました。

  • 2016年:4回
  • 2015年:0回
  • 2014年:0回
  • 2013年:5回
  • 2012年:7回
  • 2011年:3回
  • 2010年:7回
  • 2009年:2回
  • 2008年:2回
  • 2007年:4回

最高で7回、最低は0回、10年間の年平均は3.4回、5年間の年平均は3.2回でした。気になるのが2014年と2015年の0回、ひえー、冷夏だったのかな。

昨年の5月に発売された個人向けマネックス債が年利「0.6%」、今年の3月に発売されたSBI債が年利「0.5%」なので、平均、約3回の真夏日ならば、今回のマネックス債の年利は「0.4%」になるので、やや少ないな~。0回ならば「0.1%」だ~。

年々、気温が上昇していると思いきや、そうでもないんですね。今は暑い日が続きますが、お盆過ぎたらお天気も変わってくるかも、と過去データを調べながら、気持ちが段々ネガティブに。。。いつもだったら、30度未満はうれしいですが、マネックス債を申しこんだら、暑くなれ~と思うかもしれません。まあ、申し込む資金は少ないと思うし、タイトルどおり「夏祭り」気分を味わいたいと思います。