読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゃぼんだまんま

普通の主婦の節約術、株、子育てなど日々の出来事を綴ったブログ

小野薬品工業(4528)株ホールド組朗報です!「オプジーボ」メルクと和解!

株一般

皆さん、こんにちは。
先週の金曜日は小野薬品工業が年初来安値を更新し、苦しかった~。
さらにADRは2286円と最悪な状況でした。
私の保有は2400円台で200株のみですが、それでも、どこまで、下がるんだろうと、下がっても、ホールド!と腹をくくっていました。

そうしたら、米国市場が終わった後、ビックニュースが!

小野薬品、米メルクと和解 「オプジーボ」特許巡る訴訟:朝日新聞デジタル

 

以下、毎日新聞からの引用です。

小野薬品工業大阪市)は21日、がん治療薬「オプジーボ」に絡む特許を侵害されたとして、国内外で提訴していた米製薬大手メルクと和解したと発表した。

 小野などが持つ特許の有効性を確認し、ライセンス契約を結ぶ。小野側はメルクから頭金6億2500万ドル(約715億円)を受け取り、メルクが販売する新薬「キイトルーダ」の売り上げに応じたロイヤルティーも得る。小野側の実質勝訴といえる内容だ。

 小野は、キイトルーダにはオプジーボと同じ働きをする有効成分が含まれ、特許を侵害されたとして、日米欧でメルクや同社の現地法人を訴えていた。

 

まずは、この和解内容、特許を侵害した事実を認められたことに意義があると思います。この毎日新聞の記者も小野側の実質勝訴との考えです。

メルクからの頭金、約715億円もすごいですね。他の記事からの情報だと、このうち、25%が小野薬品、75%がBMSということですので、小野薬品には、「約178.75億円」が受け取れることになります。なんで、小野薬品とBMSは折半ではないのかと思いますが、会社規模も全然ちがいますから、まあ色々あるのでしょう。それでもこの金額はでかいです。

また、メルクが販売する新薬「キイトルーダ」の売り上げに応じたロイヤルティは6.5%(2023年12月末まで6.5%、2026年12月末まで2.5%)です。これも頭金と同じ、小野薬品が25%、BMSが75%の配分だそうです。

今回の和解内容、とても意味があると思います。今後、他社が同じような薬を販売した場合、この事例が参考になりますからね。今後も売り上げの拡大期待ですね。

先週の始め頃に、株価が2400円ぐらいに下がったときに、底値と思い、2つ目を拾ったのですが、先週の金曜日、「米ブリストル・マイヤーズ・スクイブは19日、がん免疫治療薬の「オプジーボ」と「ヤーボイ」の併用療法について、肺がんの第1選択薬として米国で加速承認を目指さないことを決めたと発表。」を受けて、株価が年初来安値を更新、この時はなんで、もうちょっと待ってから買わなかったんだろうと悔やみました(タレ・レバなんですけど)。だけど、「この加速承認を目指さない」という裏には、少なからず、この和解もあったからだったんだと思います。

裁判が長引くと両社とも消耗すると思うので、何はともあれ、和解という形で決着がついて私は良かったと思います。

特許侵害は当たり前で株価には織り込み済みとか、ロイヤルティが少ないとかネガティブな意見もありますが、織り込み済みではないと思うし、これであく抜けしたわけですし、今後、同じような問題があったとしても、今回の事例が参考になるわけですから、私は今回のニュースはポジティブに受け止めています。

明日の株価が楽しみです。
あとは、トランプさんの発言などで引きずられなければいいんですけどね。

広告を非表示にする