読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゃぼんだまんま

普通の主婦の節約術、株、子育てなど日々の出来事を綴ったブログ

【IPO】2016年最も多く主幹事になった証券会社

今年もあと一ヶ月を切りました。年末に向けて日経平均も上昇気流にのっていますね。
IPOも年末ラッシュで、資金繰りにてんてこ舞い、資金不足で申し込めないIPOもあります。こんな中、年末のIPOはいまだ一つも当たっていません。(ショボ~ン)

ネットでIPOを申し込む場合は抽選なので、より多くの証券会社から申し込めばそれだけ当選する確率が上がります(あくまで確率論ですが)。
そのため、多くの証券会社から申し込めばいいですが、申し込んだら資金が拘束されます。多くの証券会社に申し込むには、それなりの資金が必要になるのです。資金が少ない場合は限られた証券会社での参加となってしまいます。

そこで、重要になるのが、「主幹事」の存在です。IPOを取り扱う証券会社には、”銘柄ごと”に「主幹事」「幹事」があります。この幹事や主幹事になってないと、IPOを販売することができません。さらに、主幹事と幹事で、取り扱い株数の割り当てが異なります。主幹事だと発行枚数の85~90%が割当てられます。残りを幹事である数社の証券会社への配分になるわけですから、主幹事と幹事の会社に同じように申し込んだとしても、当たる確率は全然違ってきます。

つまり「主幹事」の方が断然、当選確率が上がるんですね。当選をめざすにはいつも「主幹事」を意識する必要がありますね(※幹事でなければ参加すらできません)。
前準備としては、幹事・主幹事が多い証券会社の口座を開設しとくと良いでしょう。

では幹事・主幹事が多い証券会社とは、、、今年の集計結果は以下の通りです。

2016年最も多く主幹事になった証券会社

「主幹事」が多かった証券会社の順位です。
※数の数え間違いがあるかもしれません。参考程度にご覧ください。

2016年最も多く主幹事・幹事になった証券会社

「主幹事と幹事」の合計値での順位です。
※数の数え間違いがあるかもしれません。参考程度にご覧ください。

堂々の「主幹事」1位は野村證券、なんと資金不要!

やはり王道といった感じでしょうか。こちらは店頭があるので当選はネットのみの参加だと厳しいものがあります。私も一度も当選したことがありません。(私はネットオンリー)なんどか「補欠」はありましたが繰上げ当選はならず。ですが、この証券会社は、抽選申し込み時は資金が不要なのでオススメです。特に資金がない人は(←私か、、)

「主幹事・幹事」の1位はSBI証券、大健闘です

SBI証券はネットユーザに大人気な証券会社だけに、口座数も多く、争奪戦です。しかも、申込み株数に比例して抽選なので、資金が沢山ある人に有利です。そのためか少ない資金でやっている私はSBI証券では当たったためしがありません。(←くじ運もないけど)ですが、SBI証券にはIPOに落選すると必ずもらえる「IPOチャレンジポイント」というのがあります。このポイントを使って申し込めば、ポイントの多い順に当選することができるのです。つまり、ポイントをコツコツ貯めれば、だれでも確実にいつか、IPOに当選することができるのです。私はこれが目当てで応募してます。まぁ、当選することも期待はしていますが。今年はここぞというIPOで何度か使用しましたが当選できませんでした。きっと、みなさん沢山ポイントを貯めているのでしょう。当選しなければポイントは返ってくるので、また、再挑戦も可能です。
SBI証券さんのIPOルールはほんと、よくできていると思います。資金比例抽選は大口顧客に、チャレンジポイントは貧乏投資家の心をわしづかみです。

実際にはどの証券会社が当選したの?

今年、当選した証券会社は「SMBC日興証券」からREIT(リート)2つと、「大和証券」から「JR九州」でした。

【IPO】当選実績 - しゃぼんだまんま

だけど、まだ今年は終わっていません。
年末まで予定されているIPOがまだまだあります。S級クラスや、当選数の多いZMPに期待です。「JR九州」に続いて、当たる気満々です。(←いつも気持ちだけ)
みなさんで「ZMP祭り」を楽しみましょう!

広告を非表示にする