しゃぼんだまんま

普通の主婦の節約術、株、子育てなど日々の出来事を綴ったブログ

私の2016年3月権利確定に向けた高配当・優良株主優待ピックアップ

明日は3月の権利付最終日!待ってましたー、明日、1日保有してればいいんですからね。3月が決算の企業は沢山あるから、株主優待も選び放題。また、今は株安で高配当な銘柄も沢山あります。この日に向けて、高配当や優良株主優待をちょっとづつ拾ってきました。今日はその中でいくつか紹介したいと思います。

※株価は3月25日の終値。利回りは 年間。
※総合利回りとは配当利回りと優待利回りを合算した値です。
※優待内容は保有株数によって異なる場合がありますので、優待利回りは優待がもらえる最小株数で計算しています。

ダイドーリミテッド(3205)

  • 株価:488円
  • 配当利回り:3.07%
  • 優待内容:自社関連商品(100株以上3500円、1000株以上)
  • 優待利回り:7.17%
  • 総合利回り:10.14%

アパレル製品および毛織物など衣料原料の製造・輸出入を主に行っている会社で、洋服のブランド「ニューヨーカー」の会社です。アパレルの業績はいまいちで、不動産賃貸で安定収入を得ています。もともと、ニューヨーカーが好きなので応援の意味を込めて、去年からずっと保有してる銘柄です。ここ一年の値動きはあまりありませんが、徐々に下がっている傾向があります。ニューヨーカーの服は生地も良いし、縫製やステッチもきれいに仕上がっています。きちんと仕事をこなしているので、いつか、業績は回復すると思います。自社商品も素敵です。去年はひざ掛けを頂きましたが、肌触りがとてもよく、自分で使うのが勿体ないくらいです。総合利回りが10%越え!私が持ってる銘柄でイオンの次に、総合利回りが高い銘柄です。配当も3%超えているので、配当・優待狙いの銘柄としては合格点じゃないでしょうか。

日本KFCホールディングス(9873)

  • 株価:2007円
  • 配当利回り:2.49%
  • 優待内容:KFC・ピザハットでご利用可能な商品券を3・9月の年2回配布(100株以上500円、300株以上1500円、500株以上2500円、1000株以上5000円)
  • 優待利回り:0.50%
  • 総合利回り:2.99%

同じ業種のマックや吉野家などの株主優待と比べると見劣りしますが、この業種で配当利回りは高い方だと思います。今年度の前半は業績も思わしくなかったですがいつのまに経常利益の進捗率115%と現在好業績です。それにも株価は権利確定間際になってもあまり変わらない状況です。人気ないのかな。私はケンタッキー大好きなので保有してるんですが。そうそう、今後、ケンタッキーでは5時以降に、アルコール(ハイボール)も提供するというニュースをYahooニュースで昨日見かけました。お肉にハイボール合いそうですよね。これは化けるかもしれません。今後の業績に期待したいです。

興銀リース(8425)

  • 株価:2023円
  • 配当利回り:2.97%
  • 優待内容:100株以上オリジン図書カード(1年未満保有で3000円、1年以上保有で4000円)
  • 優待利回り:1.98%
  • 総合利回り:4.95%

 事業内容はリース、レンタル、割賦、貸付をはじめ幅広い金融サービスを提供しています。PER,PBRともに割安圏内です。来期には配当が1株「60円」から「62円」に増配です。予定通りならば15期連続増配です。この期間にはリーマンショックも含んでいるのに「連続増配」とはすごいですね。迷わず、NISAで購入しました。1年間以上保有すれば優待も1000円プラスされますから。また、「興銀リース」は今後、マイナス金利政策で、資金調達コストの低下で業績に寄与すると発表したり、航空機ビジネスに本腰を入れるニュースなどもあり、今後に期待しています。

 日産自動車(7201)

  •  株価:1088円
  • 配当利回り:3.86%
  • 優待なし

私は900円台で購入したので配当利回りは4%越えでした。自動車株なので、為替に影響されやすいですが、好業績に加え、年末までに4000億円の自社株買いを行います。円高にふれたとしても、下値は限定的だと思いますし、それに個人的には、今後、円安に向かうと思っています。PERも10以下、PBRも1以下とまだまだ株価は割安圏内です。今から買っても遅くないと思います。それに、日産の自動運転も、注目しています。

伊藤忠商事(8001)

現在、好業績です!
今期初めて、商社、NO1となりました。まあ、ほかの証券会社が残念な結果だったんですが。それでも、商社をとりまく環境の中で、好業績を出せるのだからすごいと思います。今期は原油相場が下落したため、資源の比率が高い商社は苦しかったと思いますが、伊藤忠は、非資源が功をそうしたのですね。

私は基本的に高配当、好業績の会社の銘柄を買うように心がけています。高配当であれば、株価が下がっても、持ち続けるモチベーションを保つことができるからです。それに業績が良くて高配当ってことは、株価が安い状態にあるということ。いずれは気づいて株価が上がるって勝手に信じています。でもたまに、好きな会社や応援したい会社などは高配当とか好業績とか関係なしに買ってしまうんですがね。

広告を非表示にする