しゃぼんだまんま

普通の主婦の節約術、株、子育てなど日々の出来事を綴ったブログ

日本KFCホールディングス (9873)の貸株金利が2%、配当+優待+貸株で総合利回りなんと5%

3月15日より、日本KFCホールディングス (9873)の貸株金利SBI証券)が2%になっていました。いままで1%だったので2倍です。配当金+優待+貸株金利で、かなりな高利回りではないでしょうか。

「貸株」とは証券会社に保有の株を貸すことで、利息を得ることができるんです。 日ごとに計算されて、月々、証券会社から支払われます。

配当金と優待、貸株金利で総合利回りを計算してみました。
※計算は本日(3月16日)の終値2002円で計算。

  • 配当利回り(年利):2.50%
  • 優待利回り(年利):0.50%
  • 貸株金利(年利):2%(SBI証券)
  • 総合利回り(年利):5%

総合利回りが「5%」ですよ!

マイナス金利の影響で、すずめの涙だった定期預金の金利がさらに下がるもんだから、最近、すんごく、利回りが気になるんです。

KFCホールディングス、安いと思って昨年12月に買ったんですが、それからずっと、上昇することなく、現在、少し含み損なんですが、利回り5%なら、文句なし保有ですね。含み損でも、保有するモチベーションが上がります。今月が権利月なので、待ち遠しいです。

ところで貸株金利が2%もあるのは、信用取引をしている人たちで株が足りない状況であり、沢山空売りされるのかとか、何か裏があるのかなとか頭をよぎりましたが考えてもわからないことなので、あまり深読みせず、それだけ需要があるんだ!と思うことにしました。さすがにもっと高金利になるとびびりますが。

応援している会社でもあるので、このまま持ち続けたいと思います。

貸株ってちりも積もれば山となるじゃないけど、毎月、ぽろぽろ入金されて結構、うれしいですよ。ただ貸株は雑所得に入ります。雑所得が年間20万円を越えるようなら確定申告しなければならないので、この点は注意して貸株しといた方がいいですね。まあ、貸株で年間20万円はなかなかいかないと思いますが。あと、貸株は貸してる証券会社の持ち物になり、証券会社が倒産したら当然戻ってこなくなります。せっかくいろいろな会社の株を購入してリスク分散しているつもりが、貸株で分散されなくなってしまうのでその点は注意しましょう。

広告を非表示にする