読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゃぼんだまんま

普通の主婦の節約術、株、子育てなど日々の出来事を綴ったブログ

電車の中で席を譲ることができませんでした

一般

みなさん、こんにちは。

 

私はいつも寝不足気味で眠いです。

仕事中はなぜかシャキッとしているのですが、電車の中では、すきあらば眠ってしまいます。子供と遊んでいるときも、ふっと意識が飛ぶことがあります。

 

 子供が生まれてきてからというもの、赤ちゃんの時期は2~3時間起きのサイクル、それから2年が過ぎましたが、いまだに夜中2回ぐらい起きます。その上、仕事に行く前の時間や、子供が寝たあとの時間で、家事を済ませなければならないので、2年過ぎた今でも、寝不足が続いています。まあ、家事は適当に手抜きしているんですが、年のせいか、疲れもなかなかとれないので、いつも眠いです。あと、元気すぎるうちの子の相手もけっこう疲れます(体は疲れますが、心はリフレッシュです!)、他のママさんたちも同じだと思うので、そんなことは当たり前ですよね。

 

そして、いつも寝不足の私は、いつもどおり、仕事帰りの電車の中で、電車の席にすわって爆睡していました。

 

なにかの拍子で、起きたんですが、目の前に二人の学生がいて、一人が「松葉杖をついている学生」で、はっとし、席を替わろうかと思った瞬間、いっしょにいたもう一人が、「ふつうさー、絶対、席変わるよね。私だったら変わるよ。絶対、寝たふりしてるんだよ!」と言っていて、「え~、それって私のことだ?!」と思い、どうしようかと思ってる間にも、その子が延々とその事について話しているので、もうタイミングを逃してしまい、変わることができませんでした。その後は本当に寝ることもできず、最後まで、ひたすら寝たふりをすることになってしまいました。

 

私も足が少し悪いので、大変なのはわかるので、普段は席を譲ります。足の不自由な方、子供がいて大変そうな方など譲ります。が、こんな風に言われてしまった後だと、小心者の私は、行動することができず、席を譲ることができませんでした。

このことで、とても、残念な気持ちになってしまいました。

 あとになればなるほど、譲るタイミングが難しくなってくるんです。次は、途中で何を言われてようと、気付いたら時に、さらっと席を譲ろうと反省する出来事でした。

広告を非表示にする